最新の冠婚葬祭 就職について

夢と希望に満ちていた彼女の行動はすばらしいと思います。

冠婚葬祭の『婚』である結婚式と言えば、最近は多種多様なオリジナルな結婚式もあるようですが、それを一緒に盛り上げてくれる職業としてウエディングプランナーがあります。
以前、ウエディングプランナーさんに密着したテレビ番組だったり、仕事の内容などを見たことがあります。
お客様と一からずっとより良い結婚式を作り上げるために一緒に考えてくれ、アイディアを提案してくれ、それを実行して結婚式当日は新郎新婦と一緒に涙を流している場面などを観たことがあります。
充実感に満たされているという感じでした。
私の知人でもウエディングプラナーになることを夢見て、安定した医療の職を辞めてそちらの世界に飛び込んだ人がいます。
正直、不安もあったでしょうが、彼女にとっては夢や希望のほうが大きかったようです。
もともと頑張り屋だったので、最初は大変だったと思いますが、今はどこかに就職して頑張っているということを風のうわさで耳にしました。
他人の幸せも自分のことのように幸せに感じられる職業なんてうらやましいです。